将来の安定のために共働き

私の友人は、結婚して一年間は結婚前からの仕事を続けていました。しかし、ある日身体を壊してしまい、入院することになりました。もともと働くのがあまり好きではない彼女は、結婚当初から仕事を辞めたいと話していたので、これを機に仕事を退職したのだと思います。
入院も一週間という短期間で、その後は日常生活にも支障がありませんでした。しかし、お互いに仕事をしていた方が年金などの収入が全く変わってくるので、旦那さんから働いて欲しいと言われたようです。そのため、彼女は退院後に週2~3日程度のペースで働けるバイトを探していました。また、彼女が結婚前に勤めていた会社での仕事は本当に楽だったようで、できるだけ楽なバイトを探しているようでした。しかし、楽なバイトというのは競争率が激しく、なかなか求人が出ません。楽そうに見えていても、実際に働いてみるとそうではないこともあります。結局楽なバイトを見つけることができず、彼女は仕事に活かすことのできる資格を取得するために勉強をしています。資格や手に職があれば働ける場所の幅が拡がり、楽なバイトを見つけやすくなるかもと考えたようです。
正直なところ、彼女の旦那さんの給料は安定しているし、生活に余裕もあります。一般的な家庭では珍しい、奥さんにもしっかりお小遣いがある生活スタイルです。しかし、彼女が希望する仕事内容で楽なバイトがあるのかどうか、見つかるまでにはまだ時間がかかりそうです。彼女が資格をとれば、楽なバイトの求人が見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です